ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧


2015年 07月 27日

新国立競技場問題にひとこと

昨今話題になっています新国立競技場の問題について

まずはオリンピック自体のプレゼンテーションのあり方について少し問題があると思いますのでその点について

元々、東京オリンピックのプレゼンテーション時点ではお金を無駄にかけず既存施設を利用するという話や半径○○km以内のコンパクトなオリンピックを実現するという話だったと記憶しております。

しかし、いざ決定して蓋を開けてみればまったく違うことになっているように見えます。

サッカーのワールドカップ招致の時にカタールがエアコン付競技場と言ってた記憶もありますが、結局できないことをプレゼンテーションで言っておいてそれで開催が決まってから変更するというのであればプレゼンテーション時には何を言ってもいいのかという話になると思います。

これは結局そんなプレゼンテーションなど関係なく体裁を整えておけさえすればその他の部分で開催国が決まるということなんでしょうか。

なんとも寂しい話ですね。



話は変わって国立競技場の建設費の問題はの話です。

今回のコンペを開催したときにコストを加味したプランを提出するということがあったと先日安藤忠雄氏の会見で聞きましたが日本の今の建築業界の状況をふまえつつこれだけの巨大な建築物のコストをおおまかであれ見積もれる会社が日本に何社あるのでしょうか。

そして毎年メンテナンス費用も莫大な金額がかかる。。。

毎年の収支、建築物をつくってから解体までの収支 ライフサイクルコスト ライフサイクルCo2なども考えられているのでしょうか。

今後何も生み出さないものを多額の税金をつかってつくってしまって良いのでしょうか。

もちろん日本でオリンピックが開催されることはとても貴重な機会であり、とても楽しみであります。

ですが、ハード面の充実よりもソフト面の充実を考えないとすべては始まらないのではないでしょうか。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2015-07-27 09:54 | architecture column