ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2015年 03月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2015年 03月 23日

O-house 点検

1年少し前に竣工しましたO-houseに施工業者さんと一緒に昨日伺ってきました。
私共は常々出来るだけ竣工後にも点検等を通してお邪魔させていただき、住んでいる方の生のお話を聞ければと思っております。
それがその後の設計に生きてくると思っています。

また、点検では建物の各部の状況を見たりする他にも竣工後すぐとは違う生の暮らしぶりをみさせていただくのもひそかな楽しみになっています。
昨日お邪魔したO-houseではリビングにとても綺麗なロートアイアンの壁飾りや素敵な観葉植物、そして床材と同じウォールナットのテレビ台と、とてもセンスのある暮らしをして下さっており大変うれしく思いました。

また、蓄熱床暖房を入れているので室内がとても暖かく、冬でも寒くて布団から出られないことがないというとてもうらやましいお話もお聞きできました。

しかし!楽しくお話しをしているうちに写真を撮らせていただいてくるのを忘れていました(笑)
次回伺ったときに是非とも撮らせていただいて写真をアップさせていただこうと思います。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2015-03-23 15:21 | project 市川市 O-house
2015年 03月 17日

改修設計セミナー

昨日、日経アーキテクチュア主催の「資産価値を高める改修設計のテクニック」セミナーに行ってきました。
改修設計数多く手がけ、その道の第一人者である青木茂氏と事務所により様々な事例をもとに改修設計の実務的なコツを学ぶことが出来ました。

改修設計は一見簡単そうに見えますが、物件によっては関連法規がかわっていることにより今では成り立たない用途であったり、古い図面が無かったり、検査済み証を取得してなかったり、図面と実際が異なっていたり、また工事をはじめてから施工不良や劣化が見られたりと改修設計・工事にはとても多くの問題点が出てくることがあります。

また、建築基準法という法規自体が新築を前提に考えている様な部分もあると思いますので建築基準法にかかわる部分の調査折衝はかなり困難な作業になります。

ですので改修設計には時間も手間もかかりますが、改修することによって法規的構造的な面における建物の資産価値を高めて、なおかつ新築よりも低コストで(場合によっては逆に高くつく例もあるようです。)使用者がより快適に楽しく使用できるようになればとてもメリットのあるものになるのではないかと思います。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2015-03-17 15:06 | architecture column