ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 24日

愛知県S-HOUSE 内装も進んでます!

愛知県S-HOUSEです。
外部工事は中盤~終盤にさしかかっています。
左の写真は、2階ルーフバルコニーの外壁部分で耐力壁下地材(ラスカット)施工後の様子です。
吹付け仕上げの下地材だけでなく、構造上重要な耐力壁でもあります。目地処理をしっかりと施し、その上にモルタル塗をした状態が右の写真です(場所は違いますが・・・)。
この後養生期間を経て仕上げ材である吹付け工事となります。

d0013873_1312270.jpgd0013873_13115425.jpg













内部は木製階段が入りました。
段状に加工した厚さ6cmササラ桁に段板を載せています。手摺はまだついていませんが、広めのリビングとキッチンを軽く仕切れるよう絶妙な位置(?)に階段を設置しました。
右の写真はリビング高天井にある部分的な2階です。お子様がここで楽しく遊べますように。

d0013873_13121587.jpgd0013873_1312837.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2013-05-24 21:10 | project 愛知県S-house
2013年 05月 21日

地鎮祭~地盤改良

先々週、先週と 市川市 O-house の地鎮祭を行い、
その後日、地盤改良も行いました。

地鎮祭は前日の雨の影響も受けず、滞りなく執り行われ
建物・家族の繁栄祈願、工事の安全祈願をいたしました。

d0013873_9372468.jpg















地鎮祭が始まる前の様子です。
晴天のもと、厳かに儀式が執り行われました。
無事工事が完了し、ご家族がずっと幸せに暮らせますように!





その後日、現地にて地縄の確認(建物の配置位置の確認)を行い、
図面通りに配置されることを確認しました。

d0013873_940751.jpg















建物外周芯に糸を張り、各部長さを測って確認します。
単純な作業ですがとても大切な確認になります。


その後日、地盤改良を行いました。
地盤調査結果をもとに選定した柱状地盤改良という方法で無事完了しました。
いくら建物がしっかりとしていても地盤に力がきちんと伝わらなければ意味が無いので、
この工程はとても重要な工程です。
大きな重機が入っていよいよ工事が始まると実感します。

d0013873_9473628.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2013-05-21 09:48 | project 市川市 O-house