ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 8 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 26日

市川市 I-HOUSE 仕上工事

市川市 I-HOUSEは竣工間際となりました。
現在仕上工事の真っ只中です。

d0013873_11205643.jpg










バルコニー周りの板貼りも出来てきました。
あとはこの部分は塗装を残すのみです。
素地のままでもいい色ですが塗装には耐候性を上げたり、
さわり心地を良くしたりという機能があります。
雨風にさらされる外部なので特にそうです。
この部分はクリア塗装ではなく色をつけるので塗装するとグッと雰囲気が変わるんですよね。


d0013873_1121517.jpg










玄関前部分は現在タイル施工中です。
しかし外壁仕上は雨の為、施工がのびのびに・・・。
曇天をうらめしくながめておりました。


d0013873_11211496.jpg










内部仕上は天候に影響されないので着実に進んでいます。
リビング部分の合板を使った天井です。
目地も大工さんに綺麗に通してもらっています。
白い空間の中に明るい色調の木目の天井を入れることで柔らかい空間にするよう計画しました。


d0013873_11212299.jpg











ロフト部分は照明器具等を除いてほぼ完成してます。
お子様達の秘密基地となる日ももうすぐです。

今週は天気が良いようなので、
これ以上工程が遅れることなく無事竣工することを願っています。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-26 11:33 | project 市川市 I-HOUSE 
2012年 03月 22日

M clinic&house 2期 杭工事

本日、M clinic&house2期工事の杭の施工状況の確認をしてきました。

現地は、地盤があまり良いとは言えない場所なので
かなり深い場所まで杭を入れていきます。

1期工事と同様に、羽根付き鋼管杭のまわりを柱状のセメントで固める工法です。
現地では杭径・仕様・掘削深さ・径等の確認をしました。
1期工事同様、建物を支えるとても大切な工程です。


d0013873_1545439.jpg












d0013873_15484114.jpg











ちなみの敷地の接する道路の反対側にはこの様な水路が通っています。
水道(みずみち)が近いということは地盤という視点から見るとあまり良いとは言えないですが
ザリガニ釣りをする小学生もいたりと、ロケーションとしてはとても良いところです。

1期工事の杭工事の様子はこちら
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-22 15:50 | project clinic&house
2012年 03月 21日

市川市 I-HOUSE 造作工事

市川市 I-HOUSEは日に日に竣工に近づいています。
外部は天候不良が重なって遅れ気味なのでなんとか引渡しまでに間に合って欲しいところです。
心配です。。。

内部の方は大工工事が殆ど終わり、いよいよ塗装やクロスの仕上工事が始まりました。



d0013873_1722164.jpg










階段の脇に格子状にたつ化粧柱にも色が塗り終わりました。
格子状の柱に見え隠れしながら奥の白い空間が見えてくる予定です。
上下階を柔らかくつなぐ空間です。



d0013873_17232972.jpg










その階段をのぼりきったところにある天井までの本棚です。
これは裏側になる階段側からの写真です。
構造材の濃い茶色の塗装と白色系の木材のツートンカラーになります。
木材の色を隣り合っている部分で変えるのは難しいのですが、挑戦してみました。

表側からの写真はお楽しみに!



d0013873_1727527.jpg










こちらは奥様の基地となるユーティリティの中の家事デスクです。
ある意味建物の中心とも言える空間です。
引戸を開け放つことによってキッチンや洗面スペースと一体で使うことが出来ます。



d0013873_1730234.jpg










リビング・ダイニングをすべて見下ろすことができるロフトの手摺部分です。
空間全体にある木と同じ色調の手摺とし、視界を邪魔しない程度の横桟としています。
お子様が小さいうちはお子様達の秘密基地になるのではないかなぁと思います。



d0013873_17334685.jpg










余談ですが、施主支給品のエアコンも搬入されました。
今回は支給品を取り付ける部分で隠蔽配管になる部分があるので、
メーカー・機種が先に決まっていないと配管・配線の都合上
機能やメーカーが限定されることがあるので注意が必要ですね。
今回は条件を提示してその中で施主にエアコンを選んでもらいました。

ちなみに上に乗っているお皿には施主奥様から差し入れいただいた
お手製のおはぎとお餅です。
ご馳走様でした!!! 
とっても美味しかったです!!!
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-21 17:40 | project 市川市 I-HOUSE 
2012年 03月 15日

M clinic&house 2期工事スタート

1期工事完了から約1ヶ月半。
諸検査、引渡し、引越し、解体と進んでいよいよ2期工事をスタートすることが出来ました。

1期工事同様、まずは地縄、遣り方の確認をしました。
この確認は建物を建てる上でのまず第一歩となるとても大事な作業です。

今回の建物単体としての位置、高さの確認だけではなく1期工事と建物が一部つながりますので
1期工事分との関係を含めて現地で確認いたしました。


d0013873_1753431.jpg










このような形でスケールをあてて距離の確認を行っています。

d0013873_1755489.jpg










1期工事の今まで見えなかった部分が解体によって見えるようになりました。
建物からちょっと出ている突起部分が2期工事と接続する部分です。
(その部分だけでつながるわけではなく1期工事の一部も解体してつなげます。)

2期工事スタートでまた気をひきしめて1期工事での反省を活かしながら
2期工事の監理をしっかりと行っていこうと思っています。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-15 18:03 | project clinic&house
2012年 03月 14日

市川市 I-HOUSE 太陽光発電

市川市 I-HOUSEでは先日、太陽光発電の設置をしました。

d0013873_1722781.jpg
















写真はモジュールが少ないですが、大きな屋根部分にも沢山のモジュールを設置しています。


まだ配線が全てつながっていないので発電量はわかりませんが
近隣に高層の建物や大木もなく、天気の良いときの屋根面を見ると
とても日当たりが良い場所なので、かなりの発電量が期待できそうです。


今回、太陽光発電設備を設置するかどうかにあたっての検討点として

■売電の料金の今後の見込みも含めて設置するかどうかの検討。

■設置するならば、どのタイミングで導入するかの検討。
(建築時であれば足場の設置に関する金額は発生しない等)

■建築とのかかわりとして、近隣建物との関係、屋根の高さ、角度、日影の位置等を検討。

■発電モジュール本体では、メーカーによって種類・形式、変換効率などが様々で
各メーカーから次々と発表されていく新技術、新製品の調査。

■並列、直列など各モジュールのつなぎ方。
(これによって曇天時の発電量に影響がある。)

■メーカー、設置会社による本体のメンテナンス、保証の比較。

■価格の検討。

と、沢山の項目を積極的かつ協力的な施主と一緒に検討しました。


最終的には発電量・売電量等が見えるモニターが付きます。
毎日の発電量を目に見えて確認できるのが楽しみですね。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-14 17:26 | project 市川市 I-HOUSE 
2012年 03月 13日

M clinic&house 1期工事HPへ

M clinic&house 1期工事が完了し、
1期工事の写真をホームページにアップいたしましたので是非ご覧下さい。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-13 12:15 | project clinic&house
2012年 03月 13日

市川市 I-HOUSE 階段

先週に引き続き 市川市 I-HOUSEでは大工工事が進んでいます。

いままでは階段を設置する部分に仮設のハシゴが設置されていましたが
階段が出来て1階と2階の空間がやっとつながりました。

d0013873_10363567.jpgd0013873_10391691.jpg















左の写真は仮設のハシゴの状態です。
それが右の写真のように階段がつきました。
写真では養生中になっており、仕上や塗装もまだこれからなので
竣工後の雰囲気を完全に感じることが出来ません。

ちなみに私、個人的には階段という空間がとても好きです。
建物を立体的につなぐ空間であり、光や風の通り道だったりもします。
階段を上下して次の空間にうつるというちょっとした時間を過ごす場所でもあります。
できるだけ居室スペースを大きくしたい気持ちは誰にでもあると思いますが
階段部分をうまく利用することで、わくわくしたり、面白みのある空間が出来ると思います。

そして下の写真のように、階段の下部には壁のない設計にしています。
これからこの部分に竪格子状の柱をたてることで
2階からの光を1階に取り入れ1,2階をやわらかくつなぐ空間にします。

d0013873_10491433.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-13 10:51 | project 市川市 I-HOUSE 
2012年 03月 07日

市川市 I-HOUSE 大工工事(テレビ台)

昨日、今日は急に暖かくなりましたね。

でもまた明日からは寒いそうです。。。

三寒四温 だんだん春に向かっていくんですね。



市川市 I-HOUSEの現場では内装の下地が順調に進んでおり、
部分的にテレビ台などの大工工事での家具もつくりはじめました。


d0013873_1926920.jpg










テレビ台の全景です。今のところ大工さんの物置状態ですね。。。笑


d0013873_19285168.jpg










この近さで見るとちょっとだけテレビ台ぽいですかね。

造作工事や大工工事が進んできてちょっとづつ空間の中での存在感、素材感が出てきます。

様々な建築材料からその空間を”立体的に”とか”明るく”とか”直線的に”とか”柔らかく”とか
どのように見せるかをイメージを膨らませながら考えていたものがいよいよ形になってきます。

今回はテレビ台をちょっとだけ床から浮かして見えるようにしていますが、
さて実際にそう見えるでしょうか。
出来上がりが楽しみです。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2012-03-07 19:36 | project 市川市 I-HOUSE