ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 05月 30日

倉庫計画

愛知県岩倉市のリノベーション工事が始まり、ゴールデンウィーク空けに続き、先週の金曜日に現場に行ってきました。
3階建てのオフィスビルの1階部分が駐車場でその半分くらいを倉庫にする計画です。
クリーニング用のワックス、洗剤、掃除機器などをいかに効率良く収納できるかが設計上のポイントでしたので設計時は収納する全ての物のサイズ・用途を御施主さんにリストアップして頂きました。同時に下水工事も平行して行っています。工期的には1ヶ月と短いので再来週には殆ど完成してしまいます。

d0013873_1756568.jpg公共下水への接続工事と新規間仕切り壁の基礎。元は駐車場でピロティーだったので結構床の勾配があり間仕切壁に基礎を敷くことにしました。










d0013873_175710100.jpg内部に大小幾つかの木製造作棚を造ります。重い物を置く大きな棚は基礎をしっかりと新設。











d0013873_17573276.jpg新規の間仕切壁は天井裏(2階の床下)まで立上げる為、その部分は天井材を撤去しました。設計時は天井裏は確認できず、天井撤去後見てみると新設の間仕切壁の一部が上階からの配管と干渉する位置に・・・。少し壁の位置をずらして対応出来ました。改修工事はこういった現場調整が日常茶飯事です。







d0013873_17574136.jpgその後、新規壁の下地(LGS)を施工中です。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2011-05-30 18:28 | project 岩倉市リノベーション
2011年 05月 20日

市川市 I-HOUSE スタディ模型

私たちはアイディアを形にしていく作業の中や、コミュニケーションの道具として
目的の異なる模型をプロジェクトの様々な段階で製作することがあります。

何故、この様なスタディ模型を製作するのかといえば、
一目で建物全体を見回して把握することが出来るからです。

図面やパースだけでなく手にとってリアルな感覚を感じたり、
中を覗き込んだりと直接な感覚を味わうことは設計段階の大きな楽しみです。

この写真の模型は計画のプラン・デザイン形状を模索する中でつくったスタディ模型です。
特にバルコニーの形状のデザインの模索にその部分を変えて数タイプ製作しました。

d0013873_15444251.jpgd0013873_15463052.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2011-05-20 15:47 | project 市川市 I-HOUSE