ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧


2011年 02月 28日

川崎市宮前区 Flats 外装、手摺

d0013873_15272935.jpg明日から3月ですね。年度末はあらゆる業界が忙しいですが、建築業界も同じです。宮前区Flatsも3月末竣工目指して頑張っています。
外壁の仕上は殆ど終了しています。左写真はバルコニーの袖壁部分でコンクリート打ち放しで仕上がりました。写真では分かりにくいですが、程よく綺麗に仕上がりました。コンクリート打ち放し仕上げはとても難しく、補修をかけすぎてしまうとコンクリートの質感がなくなってしまうのです。

d0013873_15274376.jpgd0013873_15275212.jpg

右は先日の内装の様子。間仕切壁の石膏ボードを打ちつけた状態です。このあと目地をパテ処理してからクロス仕上げとなります。

d0013873_15282380.jpgd0013873_15283228.jpg

左:左官屋さんがバルコニーの排水溝廻りをコテ補修しています。孔が空いているところに手摺が入ります。
右:鉄製の手摺下地(骨組み)が入りました。まだ錆止め処理をした状態ですが、このあと塗装仕上をします。そして面材は格子状グレーチングとなります。このグレーチングが取り付けられるとだいぶ雰囲気が変わると思います。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2011-02-28 15:49 | project 宮前区 Flats
2011年 02月 04日

川崎市宮前区 Flats 内部間仕切、外部塗装

今日は宮前区Flatsの現場に行ってきました。

d0013873_2151975.jpg今週から内部の間仕切り壁の下地(LGS)工事が始まりました。各住戸は約61㎡でいわゆる間取りで言うと2LDKなのですが、建具を開け放つと1LDKとなる為、間仕切り壁が少ないのが特徴です。







d0013873_21571280.jpg外壁の仕上げは主に3種類です。
バルコニー廻りと外部廊下はコンクリート打放し、その他は白と濃グレーのコントラストとなります。
その濃グレーの塗材が吹付けられた部分が左の写真です。写真ではそこまで濃くないですが太陽光を受けている為で日影になれば殆ど黒になります。建築の仕上げで‘色’はとても難しく同じ色でも様々な場所、条件ですごく変化します。









d0013873_2221737.jpg次は各玄関廻りのブリッジ状の外廊下付近です。ここは白いシリコン系塗料です。ブリッジ部分はコンクリート打放しです。この白色は下塗り、中塗り、上塗り(仕上)の工程で塗りますが、今日は最終の上塗り前の下地調整です。フラットな壁仕上げなので塗っている途中で不陸の部分などが目立ってきます。(特に白色なので)
それを処理しながらフラットな状態にして最後に仕上げです。(仕上げは明日かな)

あとは外部のコンクリート打放し部分の補修&仕上が終われば外部の足場が撤去できます。
足場がなくなれば外観が確認できるので楽しみです。
足場撤去は2月の中旬あたりの予定です。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2011-02-04 18:39 | project 宮前区 Flats