ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 09月 25日

Y-HOUSE 木工事(~建て方)

前回のアスファルト防水も無事終わり、連休(シルバーウィーク)前からサッシの枠入れが行われました。Y-HOUSEでの外部の建具はスチールサッシとアルミサッシです。リビング廻りなどの大きな開口部にはスチールの製作サッシが入ります。同時にコンクリートを支えて来たパイプサポートをようやく取り外しました。これでとてもスッキリした感じです。



d0013873_14433948.jpg南側の庭からリビング方向を見た写真です。建物の配置は既存の唐松(写真の木)をL型に囲む計画です。










d0013873_14441149.jpg上の写真とは反対にリビングから庭を見た写真です。白いスチールサッシ(ガラスはまだですが・・)が入りなんとなく雰囲気が出てきました。











d0013873_14571786.jpgd0013873_14574095.jpg







連休中に大工さんにより構造材(木造部分)の加工が行われました。(連休中ごくろうさまです)
右の写真は柱と梁の集成材の接合部に接着剤を注入している様子です。Y-HOUSEの2階は木造1方向ラーメン構造で、接合部は半剛接です。通常集成材のラーメン構造の接合部は金物やドリフトピンなどがたくさんある場合が多いですが、今回はこの集成材が仕上となる為、構造設計(MID加藤氏)の提案で金物を見せない工法を採用しました。接合部の内部で金物と特殊接着剤を併用させる工法です。



d0013873_14581990.jpgd0013873_1458315.jpg







d0013873_1458392.jpg9/24(木)朝からクレーン車で建て方作業を行いました。左の写真が柱脚部分で、ココも上記の工法です。この集成材の柱の中に下の金物が差し込まれ、その後、特殊接着剤で半剛接を形成します。





d0013873_15192418.jpg











d0013873_15194024.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-09-25 15:23 | project 川崎市 Y-HOUSE
2009年 09月 10日

Y-HOUSE 型枠ばらし2、防水工事1

今日は、コンクリート壁の型枠ばらしの確認と陸屋根の防水工事です。
ひと通りコンクリートの壁を確認できました。きれいに仕上がっている部分もあれば、多少のジャンカがあったりもしました。とりあえず問題はなさそうです。

d0013873_15244171.jpgこれは外壁部分でコンクリートに見えますが、強化繊維セメント板で中に断熱材(外断熱)が入っています。まだ支保工の跡など汚れが目立ちますが、綺麗にした後に撥水材で仕上げます。





d0013873_15245860.jpg内部のコンクリート打ち放し仕上げ部分です。打ち放し仕上の中でも、綺麗な薄いグレーや色をつけたりすることも多いですが、Y-HOUSEでは綺麗にしすぎるより、できるだけコンクリートの素材を残したいので汚い所を補修する程度で仕上げる予定です。写真の上の黒い部分は陸屋根になる部分で防水下地プライマーを塗った状態です。



d0013873_1525687.jpgアスファルト防水のルーフィングを敷く前に断熱材を貼っている状況です。







d0013873_15251756.jpgこの蒸気機関車みたいなものはアスファルトを高温で溶融する釜です。とにかくこのアスファルトのにおいは強烈です・・・。






d0013873_15252383.jpg断熱材を敷き終えた状況で、この後アスファルトルーフィングを先程溶融したアスファルトで貼り付けていきます。
夕方から打ち合わせがありここで現場を離れなくてはならずルーフィングを貼り付けている状況写真はありません・・・。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-09-10 15:52 | project 川崎市 Y-HOUSE
2009年 09月 04日

Y-HOUSE 型枠ばらし1

養生期間も終わり、今週からせき板をはずす作業に入っています。
型枠をばらしていい時期は、コンクリートが固まり、原則、強度が確保された時期となります。
壁の型枠と床や梁の下の型枠とで時期は異なります。(JASSの規定により決まっています)
壁の型枠は側面なので早い時期にはずせますが、床や梁下は設計上の強度が確認されるまで取り外すことは出来ません。

今週は、その壁の型枠をはずす作業です。

d0013873_2048599.jpg同時に屋根の防水工事を行う前の左官工事(防水層の施工が出来るようにコテで屋根面などを均す)も行っています。











d0013873_20491282.jpg型枠をはずす前に支保工(鋼管や木材などで型枠を支えていたもの)を取り外します。今回は外部の型枠が特殊なものなので外周部にたくさんの鋼管があり、これを撤去するのが大変でした。写真は壁の支保工を取り除いた様子です。ただし上の床を支える鋼管などはまだ撤去できません。ちなみに左側のグレーの部分はコンクリート打ち放しの様子を確認する為に型枠を取ってもらいました。まあまあの仕上がりです。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-09-04 21:05 | project 川崎市 Y-HOUSE