ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2009年 07月 28日

Y-HOUSE 壁配筋 & 壁型枠1

先日のブログ(7/15)から約2週間が経ちました。
この2週間で、壁の配筋、構造設計者立会いの配筋検査が終わり、今週から全ての型枠を設置しています。

d0013873_14442619.jpg


耐力壁の配筋状況です。開口部(窓やドア)は負担がかかり強度が低下するので補強金を斜めに入れます。さらにメッシュの鉄筋を入れたりしてひび割れを出来るだけしないようにします。
ちなみにこれを入れたからといってひび割れが絶対無くなるわけではありません。大きな地震のときにはクラック(割れ)は入ります。
オレンジ色の管は後から電気の配線をする為のCD管と呼ばれるものです。コンクリートの壁の中にあらかじめ埋め込んでおくものなので、あまりにも多量になったり1ヶ所に集中させたりすると構造上の障害になる為、配筋検査の時はこの部分もチェックします。


d0013873_14444441.jpg


これは居間から庭方向のアングルです。床から梁下までいっぱいの開口部となります。後に特注サイズのガラスが入ります。ここに入るガラスの重さは300kgを超えるとか・・・。今後施工時に状況をアップします。


d0013873_14445534.jpg


片側の型枠が終わったところです。四角いBOXは電気のコンセントやスイッチが取り付く場所です。円形のものはスペーサー(壁用は通称‘ドーナツ’)といって鉄筋のかぶり厚さ(鉄筋がコンクリートの中にどれだけ埋まっているか)を確保するものです。型枠面がコンクリートの表面になるので鉄筋にこのスペーサーをつけることでかぶり厚さを確保できるというわけです。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-07-28 15:12 | project 川崎市 Y-HOUSE
2009年 07月 15日

Y-HOUSE 1階壁1

昨日、ジメジメした梅雨が明けいよいよ夏本番ですね。
今日は35度くらいまでいったでしょうか。
現場の方は足元がコンクリートということで40度くらいの体感温度でした・・・。

現場では今後の工程の打合せや、週末作業する1階壁配筋の墨出しの確認をしました。
写真は外壁の型枠の様子です。1階部分は外断熱ですが、Y-HOUSEではコンクリート型枠兼用の外断熱パネルを使用します。水色の部分が押出法ポリスチレンフォーム(通称:スタイロフォーム)という断熱材です。今後はこの手前に鉄筋を配筋していきます。

d0013873_1559526.jpg

[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-07-15 16:09 | project 川崎市 Y-HOUSE
2009年 07月 03日

Y-HOUSE 基礎コンクリート打設

今日、ようやく基礎・1階床のコンクリートの打設を行いました。
打設工程に合わせてミキサー車が続々登場しました。


d0013873_1812166.jpg打設に先立って品質検査を行います。
スランプ(水やセメント、骨材が原料のコンクリートの軟らかさ)の検査(今回の基礎は15cm)を行ったり、空気量を計測したりして設計の値をクリアしているか確認します。
また、このコンクリートを第三者機関に持ち帰り圧縮強度試験を行います。
写真はスランプ測定と強度試験用にコンクリートを採取している様子です。


d0013873_18123356.jpg

d0013873_18171252.jpgコンクリート打設状況です。ポンプ車から流す人、隙間なく充填させるためにバイブレーションをする人、コテで均す人など様々な職人さんが作業します。






d0013873_18183656.jpg



今日1日で打設は終了しました。天気運にも恵まれ、雨も降らず無事終了!


d0013873_18261666.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-07-03 18:29 | project 川崎市 Y-HOUSE
2009年 07月 01日

Y-HOUSE 基礎配筋2

6/27(土)
梅雨の中休みでしょうか、非常に天気がよく気温も30度を超えました。
基礎の配筋は殆ど済んでいる今日の現場は、建物正面に突き出る片持ちスラブの型枠を設置している状況でした。
型枠大工さんがレベルや勾配の調整を繰り返し精度を高めます。

d0013873_19113949.jpg


6/30(火)
今日は、構造設計者(MID研究所 加藤氏)と共に基礎の配筋検査を行いました。
全体的な配筋状況、鉄筋の形状、本数、径、位置など細かくチェックしました。
大きな間違いはなく、是正項目はその場で修正できる程度のものでした。

d0013873_1923985.jpg


跳ね出しスラブの方も配筋は終了していて、今週末にはようやくコンクリート打設が出来ます!

d0013873_19232642.jpg


検査終了が夕方になったので、加藤氏や設計関係者と現場近くのお寿司(庶民的な)を食べながらワイワイ、ガヤガヤやってしまいました・・・。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-07-01 19:35 | project 川崎市 Y-HOUSE