ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2009年 05月 14日

Y-HOUSE 表層改良

d0013873_1259430.jpg



昨日は表層改良工事を行いました。
まずは地山であるローム層までを重機で掘削します。


d0013873_12594198.jpg



改良土用のセメントを掘削土と攪拌させます。(写真の灰色のものがセメント)
この規模で4トンのセメントを使用しました。
このセメント改良土をローム層の上に均一に敷き、重機やランマーにより転圧し地盤を固めます。
これで数日養生し、改良土が自然固化するのを待ちます。

d0013873_1259597.jpg



これは今日の様子(養生中)です。
来週、地盤耐力試験を行い基準強度が出ていれば次の工程に進みます。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-05-14 13:12 | project 川崎市 Y-HOUSE
2009年 05月 09日

Y-HOUSE 着工

d0013873_2058568.jpg



いよいよY-HOUSEが着工しました。
敷地の真ん中の樹齢30年以上の唐松(写真中央)があり、「これは残さないといけないなぁ」という思いから設計計画が始まりました。この唐松を庭の中心にした計画です。
その他にも既存の木は数本ありましたが、泣く泣く?伐採しました。


d0013873_20591848.jpg



今日は、その伐採した木(赤松)の抜根作業をまず行いました。
さすがに数十年という材齢だけあって根っ子がとても頑丈で作業中何度も重機が持ち上がるほどでした。


d0013873_20593731.jpg



根切りの前に、支持地盤となるローム層の確認を行いました。一番深いところで現況地盤から70~80cm程度、一番浅いところでは20~30cmでした。おおよそ設計前の地盤調査通りの結果が出ました。
1階が鉄筋コンクリート造ということで建物の約半分(ローム層まで深い部分)は、表層改良工法で地盤を固めます。この工程は来週行う予定です。

地鎮祭と同じくとても良い天気(この時期では異例の気温30度超え!)でした。
梅雨に入る前はこんな天候が続くといいですねぇ。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-05-09 19:40 | project 川崎市 Y-HOUSE
2009年 05月 02日

Y-HOUSE 地鎮祭

本日、Y-HOUSEの地鎮祭が行われました。
これ以上ないというくらいの晴天で、非常に気持ちの良い地鎮祭となりました。


d0013873_23122787.jpg



上の写真は計画地の様子です。北側が崖となっていて、その奥が丘陵地となっていて、視界的にも通風的にもとても良い敷地状況です。


d0013873_23125050.jpg



こちらは祭壇です。
お酒、米、塩、野菜、果物、するめなどのお供え物を祭壇に納め儀式を行います。
建築工事の全てはここから始まります。約半年間の工事の安全を施主、施工会社、設計者、その他関係者で祈願します。


d0013873_2315683.jpg



玉串奉奠の様子です。



ゴールデンウィーク明けから土工事→基礎工事を本格的に工事が始まります。
今後も随時ブログで更新していきます。

それにしても、天候(快晴)、気温など全てにおいて心地のよい地鎮祭となり最高の1日でした。
全ての工事が安全に進んでいくことを願います。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-05-02 23:22 | project 川崎市 Y-HOUSE