ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


2008年 05月 30日

建築探訪 ~フランス編3~

d0013873_1723131.jpg

セーヌ川の船の上からのエッフェル塔です。








パリ中心部には都市計画上、超高層がつくれないようになっているようで、パリ市内の様々な場所からその姿を見ることが出来るのがエッフェル塔です。建設されたのはなんと1889年!ちなみに東京タワーが建設されたのはそれから約70年後の1958年です。
万国博覧会のために建設された324mの鉄塔で、建設当時は現在の様な放送用アンテナとしての役割があったわけではなく、ほぼ一つの芸術作品であり、パリの象徴の一つであり、鉄鋼産業の広告塔であった様です。
用途の無い巨大な建築物を街の真中に建設するようなもので、今の日本だったら許可は下りそうもありません・・・
鉄塔と一言で言ってしまうと味気ないですが、近くで見ると一本一本は細い鉄骨でつくられており、その技術力にも感心してしまいます。
夜は1時間おきに2万個ものライトが瞬き、パリの夜空を美しく魅せます。
(東京タワーの様なライトアップではなく、まさに煌めく様なライトアップです。)

d0013873_1734952.jpg
真下から見た様子です。









d0013873_1741829.jpg
下の方の鉄骨が見えます。









d0013873_1751360.jpg
夜の様子です。
といっても夜9時ぐらいでもこの明るさです。(緯度は樺太と同じぐらいです。)
ちなみにこのライトアップは文章内に書いてある煌めきではないです。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-05-30 17:08 | architecture column
2008年 05月 23日

建築探訪 ~フランス編2~

最近は日本でもテレビCMでとりあげられ有名になったモン・サン・ミッシェル。
建築探訪フランス編2は世界遺産でもあるモン・サン・ミッシェルです。

パリから行く場合は車で約5時間程かかるので、是非1泊することをお勧めします。

中世から巡礼の地として栄えてきたモン・サン・ミッシェルの壮大な姿は、
驚きとともに訪れる者を魅了します。
以前は満潮時には完全に孤立した島となっていたようですが、
大陸と島を結ぶ橋ができてから少しずつ周囲に砂がたまり、現在では満潮でも陸続きです。

モン・サン・ミッシェルを元の姿に戻す工事もやっているようですが、
元の環境を変えてしまってから、その環境の素晴らしさに気づいて
大金をかけて直していくというのはどこの人間も同じようですね。
(しかし、その橋の恩恵を受けて気軽に内部に入れた私としては何も言えませんが・・・)

内部に入ると、修道院までは1本道が続き、その両側には
お土産屋さんやレストランや博物館やホテルが立ち並んでいます。
修道院は改修、増築などを繰り返している為に、ゴシック様式やロマネスク様式など、
様々な建築様式が見られます。


d0013873_1428323.jpg

橋からみた全体です。
海(干潟?)の中に壮大な風景が広がります。







d0013873_14283947.jpg

中に入ってすぐの一本道です。








d0013873_1429445.jpg

写真は屋上の床です。
当時の職人さんは自分の仕事した量を把握できるようにサインを施したようです。
今の日本だと仕上げ部分にこんな跡を残してしまうなんてあまり考えられませんね。




d0013873_14361257.jpg

修道院上部には写真のような空中庭園もあります。
建物の中の緑というのは落ち着きますね。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-05-23 14:43 | architecture column
2008年 05月 13日

建築探訪 ~フランス編1~

先週、河原は1週間程フランスに旅行に行って来ました!
(お仕事されていた方どうもすみません・・・)
今回は 「 建築探訪 ~フランス編1~ 」 と名づけて、気になった建築をご紹介いたします。
(フランス編の次いつになるのやら・・・)
フランス編の1回目はエッフェル塔と並んで、パリの象徴とも言える凱旋門です。
1805年にナポレオンが建設を命じましたが、完成を見ずに亡くなったそうです。
建築自体に圧倒的な迫力がありますが、それだけでなく、
ここを中心に12の道路が放射線状に伸びていて、まさに都市の中心といった様子です。
屋上に登るとまさにパリの完成された都市計画が一望できます。


d0013873_19465598.jpg
シャンゼリゼ通りから見た凱旋門全体像です。









d0013873_19471375.jpg
真下からのぞいて見ました。










d0013873_19473695.jpg
エレベーターもありますが、螺旋階段から上ってみました。
美しい螺旋階段ですが、上りきったころには肩で息をするような状態でした・・・









d0013873_19475260.jpg
凱旋門の上から新凱旋門方向を見た様子です。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-05-13 19:58 | architecture column