ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧


2007年 12月 28日

年末のご挨拶

本年も沢山の方々に大変お世話になりました。
一年間ありがとうございました。

年内の営業は本日までとなり、年始は7日からとなります。

来年も今まで以上に精進していきますので、何卒よろしくお願い致します。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2007-12-28 19:42 | about us
2007年 12月 19日

東田端集合住宅 1階床コンクリート

今日も現場へ向かい、1階のコンクリートの打設状況を確認しました。

d0013873_16412358.jpg左は打設状況です。職人さんがバイブレーションを使い、隅々までコンクリートが行き渡るようにします。
コンクリートの強度や鉄筋の径、量は構造計算によって決定されますが、机上の計算で安全性を確かめても、現場の施工不具合があれば全く意味が無くなります。コンクリート基礎も同様で一見きれいにコンクリートが打設されても内部では鉄筋廻りで空洞があれば鉄筋との付着力が弱ってしまいます。その為このバイブレーションで振動させながら内部に空洞が出来ないようにします。


d0013873_16413534.jpg写真はコンクリートが打設された後の状況です。

[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2007-12-19 18:23 | project 東田端集合住宅
2007年 12月 11日

東田端集合住宅 基礎工事2

だいぶ寒くなりしたね。最近マスクをしている人を多く見かけます。
僕もその中の一人ですが、ウィルス性胃腸炎がはやっているとか・・・。

今日も定例で現場に行きました。
基礎の地中梁のコンクリート打設も終わり、基礎部では残すところ1階の
床スラブとなりました。その後は鉄骨の建方入り、年内に中間検査を
合格させたいところであります。

d0013873_19455100.jpg左写真は、地中梁の天端を下げているので1階スラブコンクリートと段差がある為、地中梁の上部から補強筋を配筋してフカシコンクリートを打設する前の様子です。
このあと、1階のスラブの配筋をし、この地中梁と定着させます。


d0013873_195638.jpg左写真は、地中梁を給排水や電気などの配管・配線が貫通する為、あらかじめスリーブを設け(大きい貫通孔は補強筋を入れます)、コンクリートを打設した後です。今後この孔を利用して
配管や配線をしていきます。

[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2007-12-11 19:05 | project 東田端集合住宅
2007年 12月 03日

「建築確認申請手続きの解説」講習会

先週、「建築確認申請手続きの解説」講習会に行ってきました。
これは6月に施行された建築基準法の改正で確認申請の現場に
大きな停滞が生じてしまったことによる説明会でした。

内容は基準法の円滑な施行に向けた説明会と
確認申請手続きの具体的な例による講習会の二部構成でした。

今後は申請側、審査側ともに今まで以上に努力して建築業界全体の
信頼を回復していかなければと感じています。


d0013873_11285949.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2007-12-03 11:29 | architecture column