ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:project 台東区 Yo-House( 7 )


2014年 04月 18日

竣工しました

d0013873_1902158.jpg台東区のYO-HOUSEが先日ようやく竣工しました。
職人不足などの影響で工期の方が予定より半月以上遅れてしまい、御施主様には御迷惑をおかけしました。
仕上がりとしては、御施主様も大満足して頂き、うれしい限りです。
ほとんど東側道路の1面からしか自然光が採れないので、2階の奥のキッチン脇に設けた光庭が予想以上に効果がありました。(光庭は2層吹抜けで1坪しかないのですが・・・)
7月末に着工し8ヶ月間、御施主様、施工会社様ありがとうございました。

HPのプロジェクトのページに竣工写真をUPしました。
→ こちらです。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2014-04-18 19:17 | project 台東区 Yo-House
2014年 03月 26日

Yo-HOUSE 最後の追い込み

すっかり春になってきました。
桜も咲き始めたようですが、事務所近くの桜並木通り(中野通り)は
まだ咲いてないようです。

昨日、Yo-HOUSEの現場に行って来ました。
4月初旬の完成に向けて最後の追い込みです。

外部は終了し、足場が取れ外観が見えるようになりました。
ほぼイメージパース通りに仕上がり、御施主さんも満足されました。
玄関タイルやリビング左官壁も仕上がりつつあります。

d0013873_15531629.jpg


3/18にはオーダーキッチン((株)リブコンテンツさん http://www.libcontents.com/
も設置されました。これまた御施主様大満足!
リブコンテンツさんのブログからも施工状況が見れます!
http://libcontents.cocolog-nifty.com/blog/2014/03/su.html

d0013873_15535848.jpg

[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2014-03-26 15:57 | project 台東区 Yo-House
2014年 03月 03日

Yo-House 現場行って来ました

先週、yo-houseの監理に行って来ました。
2週連続で雪が積もり、屋上の工程に影響が出ましたが、内部は予定通り進んでいます。
内部はフローリング(国産栗)が敷き始められてます。リビングは天井も木製の羽目板
(樺:カバ)仕上げです。床・天井を無垢材で壁を白い珪藻土で仕上げる構成です。
バルコニーの壁(白色+コンクリート打放し仕上)も雰囲気が出て来ました。
外観は3方は建物が密接しているので道路面の1面だけしかほとんど見えません。まだ
仮囲いがあってあまり見えませんが、来週くらいに足場が取れるので楽しみです。

d0013873_1747180.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2014-03-03 17:59 | project 台東区 Yo-House
2014年 01月 31日

Yo-House 躯体工事~内装1

年が明けて早くも1ヶ月が経ってしまいました。早いですね。
昨日は、台東区のYo-Houseの現場へ行って来ました。
躯体工事も塔屋まで全て完了し、いよいよ内装工事に入ってきました。職人さん不足が深刻で現場サイドでは非常に苦労されているようです。

d0013873_17202217.jpg

上の写真は昨年12月中旬のR階屋上の床配筋検査時です。屋上も発泡スチロール(球体ボイド)を使用したボイドスラブですが、2,3階と大体は同じ要領なので現場職人さんも慣れてきました。構造設計者立会いのもと配筋状況のチェックしました。扁平な梁とボイドスラブ、パラペット立ち上がりの配筋状況です。並行して内部では階段を設置しました。この地域では3階建ですと耐火建築物が法的に要求されます。その為、階段も通常の木製階段では耐火性を満たさない為、鉄骨階段としました。工場で製作して搬入するので設置は屋上から降ろしてきました。


d0013873_17204043.jpg

階段はL型形状なので、コンクリートとの取り合いで施工精度が求められます。今回は多少設置に苦労しましたが、何とか納まりました(汗)。真ん中の写真からは昨日の写真です。ちょうどホームエレベータを設置していました。今後は色々な業種の職人さんが同時に入ってきますので工程管理も大変です。トイレの配管工事も完了しています。


d0013873_17205011.jpg

3階のバルコニーです。奥の壁は内側にエレベータがある壁で、ココのみアクセントとしてコンクリート打放し仕上げとします。真ん中の写真は2階リビングです。3方が隣地に密接している為、この道路面から多く採光を取り入れようと全面サッシとしました。右の写真は屋上の様子です。東京スカイツリーもバッチリなロケーションです。御施主様によると、残念ながら隅田川の花火は建物の影で見えないそうです・・・。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2014-01-31 17:42 | project 台東区 Yo-House
2013年 12月 06日

Yo-House 躯体工事(2階~3階)

一昨日、yo-house現場に行って来ました。
工程的に遅れています。というのも、今建設業者の職人不足で人材確保に大変苦労されているようで。
すでに来春まで人材をキープされている業者さんもいるとか。
不況時代に職人さんが辞めてしまって景気回復(と言われている)してそれを補う職人さんがいないそうです。
来春の消費増税の影響も重なった結果みたいです。

さて、今現場は3階の壁配筋中です。10月末には無事中間検査も合格しました。
2階と3階は躯体(コンクリート)自体は大きな相違点はないので配筋要領も2階に習う感じで進んでます。

d0013873_17212118.jpgd0013873_17213312.jpg
この白い球体は何でしょうか?これは発砲スチロールのような球体で床コンクリートの中、かつ鉄筋にぶつからない位置に丁寧に入れていきます。いわゆるボイドスラブというものを形成する為のものです。目的は軽量化と大きなスパン(柱間の距離を大きくする)をとるため為です。この球体部分は殆ど重さが無いのでかなりの軽量化が図れます。yo-houseでは柱も梁も壁・床内に納まる構造計画なので室内空間はスッキリします。その為、主要な床・壁は厚さ300です。今回の計画では外壁部分にのみ柱を配置して内部を広い空間にしたい為、このような設計方針となりました。

d0013873_17214265.jpg
全て球体を並べるとなんか気持ち悪く見えますね。でも配筋の精度が高くないと成り立たないのがボイドスラブなので職人さんには感謝です。

d0013873_17215146.jpgd0013873_1722039.jpgd0013873_1722723.jpg
その後コンクリートを打設した状況です。もう中身は何も見えないので普通のスラブにしか見えません。
真ん中と右のの写真は一昨日の写真で、3階の壁の配筋をしているところです。この後R階の床の配筋になりますが、その床も同じくボイドスラブとなります。外観は養生シートがかかってまだ全然わかりませんが、何となくボリュームが見えてきました。
年内はR階の床まで進められる予定です。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2013-12-06 17:51 | project 台東区 Yo-House
2013年 10月 17日

Yo-House 基礎~1階壁

ようやく夏みたいな暑さもなくなり、秋を感じるようになって来ましたね。
さて、今日の午前中、台東区のYo-House現場へ行って来ました。
(ブログは久々ですが、定期的に現場には足を運んでいます(^_^.))

今日は、1階壁の配筋検査で、構造設計者と共に行きました。
壁配筋自体は特に問題なく、2階の床配筋の質疑回答およびボイドスラブ
の打合せをしました。月末に検査機関の中間検査を予定してます。

基礎~1階壁までの工事写真をUPします。

d0013873_14402130.jpg
↑ 9/13の基礎配筋検査です。フーチング基礎には鉄筋が密集してて見えませんが、中に先日施工した鋼管杭の先端&杭頭補強筋があります。これとコンクリートが一体となって基礎を形成します。

d0013873_14403771.jpg
↑ 9/25の写真です。これは地中梁の天端付近までコンクリートを打設した状況です。今回は型枠工事と脱枠工事、埋戻し工事の関係で地中梁は2回に分けて打設しました。この後1階床スラブの配筋を行い2回目の打設となりました。

d0013873_14405569.jpg
↑ 10/17(本日)の写真です。1階床のコンクリート打設も無事終わり1階壁の配筋状況です。壁内に柱、スラブ内に梁を入れる薄肉のラーメン構造です。右のスケッチは現場で2階のスラブ配筋方法について構造設計者と鉄筋屋さんが打合せをしました。余ったコンパネにチョークで・・・・。原始的ですね(笑)
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2013-10-17 14:57 | project 台東区 Yo-House
2013年 08月 21日

着工!!

台東区の現場がようやく着工しました。
浅草の合羽橋商店街の近くで下町情緒あふれる活気のある地域です。
d0013873_19424513.jpg
用途:住宅兼倉庫
規模:地上3階
構造:鉄筋コンクリート造

鉄筋コンクリート造+塔屋付ということもあり、年内上棟、3月末引き渡しというスケジュールです。

地鎮祭は7/25に行われました。
8か月間、無事に安全に工事が進みますように。

その後、山留工事を8月上旬に行い、お盆休み前に杭工事ができる段取りとなりました。
商業地域で密集地なので山留め工事は慎重かつ正確にやりました。
最大深さは1.7m程度なので、大掛かりな工事では無いですが・・・



d0013873_19454624.jpgd0013873_19455521.jpg

8月9日から3日間で杭工事です。
羽根付の鋼管杭で、合計13本。深さにして13m程度です。
構造設計者と共に試験杭の確認を行い、多少地中障害は出ましたが、無事終了。

d0013873_1946360.jpgd0013873_19461223.jpg

杭は1本あたり3回の現場溶接をしました。

d0013873_19461878.jpg8/21 お盆休み明け1回目の現場打合せに行って来ました。工程的には根切工事で、先日打った杭のレベル確認の打合せです。杭は多少高止まりしましたが、支持層の確認や安全計算結果も問題なく杭工事は完了です。

今後は基礎工事に入っていきます。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2013-08-21 19:34 | project 台東区 Yo-House