ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:project 東田端集合住宅( 18 )


2008年 04月 15日

東田端集合住宅 竣工

ようやく、東田端集合住宅が完成しました。(外部の外構部分や共用部の補修など少し残っていますが・・・)
検査機関の検査済証も発行され、明日から続々と入居者が引越してくるとのことです。「入居前に写真を」と思い、今日はカメラを片手に現場に向かいました。
尚、後日別ページにて竣工写真を掲載したいと思いますので、当ブログでは最終とさせていただきたいと思います。


d0013873_1353263.jpg
















d0013873_138483.jpg
















d0013873_1382274.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-04-15 21:35 | project 東田端集合住宅
2008年 04月 07日

東田端集合住宅 外装

d0013873_18133694.jpgいよいよ工事も終盤で、金曜日、土曜日で外部の足場もはずされました。
足場とシートがあると外観のイメージは全く分からないのですが、ようやく本来の姿をあらわしたような気がします。
今週の作業としては、建物内残作業と外構工事が中心となります。同時に消防・完了検査を受けます。













d0013873_1814338.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-04-07 18:15 | project 東田端集合住宅
2008年 04月 03日

東田端集合住宅

d0013873_16274549.jpg竣工に向けて大詰めです。
昨日も現場へ向かいました。写真はエントランス部分で、床、壁は白黒の輸入タイル仕上です。まだ天井塗装は施されていません。壁上部と天井を白塗装+間接照明として明るくし、床、壁をシックな色でまとめています。











d0013873_16275352.jpg住戸内の天井部分はデッキプレートをそのまま表し、白塗装で仕上げます。全住戸共通で居室の照明は天井からではなく配線ダクト(ライティングレール)+スポットライトとしています。
 上部階は天井が非常に高いのでこのような照明計画としました。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-04-03 16:28 | project 東田端集合住宅
2008年 03月 22日

東田端集合住宅 内装工事3

東京でも桜の開花したようですね。
周りを見渡してもまだ咲いてないですけど・・・。
となると来週末の土日あたりが一番の見ごろとなるのではないでしょうか。

ウチの事務所は中野通りのすぐ近くなので、桜のシーズンは通りが一面桜並木となります。
満開の時期には桜のブログもお伝えできればと思います。



d0013873_14554991.jpgさて東田端の現場ですが、エントランスの天井工事の状況です。天井裏の少し黄色っぽい物は、発砲ウレタンで、上の階が住居になっている為、断熱を行った状況です。
職人さんは天井材を貼るための軽量鉄骨下地を施工しています。









d0013873_14592026.jpg左は住居内の壁・天井の石膏ボードです。この面に、塗装仕上やクロスを貼ります。
石膏ボードも規格サイズ(畳サイズ程度が標準)がある為、貼ると目地(ボードとボードの間)が発生する為、塗装やクロスなどで仕上げる場合はその目地をパテ埋めして平らにします。写真の白い部分がその状況です。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-03-22 20:37 | project 東田端集合住宅
2008年 03月 19日

東田端集合住宅 内装工事2

d0013873_1132191.jpg天井の下地材です。野縁・野縁受けはLGSとしています。LGS下地材は壁にも利用します。壁の場合、壁芯の墨を出せば容易に設置できますが、天井は天井高さを考慮し水平(水平天井の場合)にしなければならないので、レベル確認をしながらの作業になりますので慎重に行います。
天井を貼る貼らないの判断は、デザイン的なものの他、法的(内装制限、耐火要求等)なものもあります。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-03-19 12:24 | project 東田端集合住宅
2008年 03月 12日

東田端集合住宅 内装工事1

いよいよ3月も中旬にさしかかりました。卒業シーズンや世間では年度末で大忙しの方も多いのでは・・・。東田端の現場も大忙しです。


d0013873_161555.jpg写真はロフトがあるタイプです。ワンルームなので居室の巾より居室の天井が高くなります。天井は、見えているデッキプレートの素材をそのまま表し、白い塗装で仕上げます。
















d0013873_16221259.jpgお風呂はハーフユニットを使用します。通常のユニットバスの浴槽より上部がないものがハーフユニットで、上部にはタイルや窓ガラスを自由にデザインできます。
写真の手前のコーナーは全てガラスが入ります。ワンルームなど1人専用のお風呂でないとなかなか出来ない事ですね。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-03-12 18:06 | project 東田端集合住宅
2008年 03月 04日

東田端集合住宅 界壁工事

d0013873_18593622.jpg今日は午後から東田端の現場へ向かいました。界壁(戸境壁)の工事です。
界壁は法的に耐火・遮音の基準があります。最も適しているものは鉄筋コンクリート造ですが当建物は鉄骨造の為、認定工法によるものとしました。
間仕切下地の間にグラスウールを充填し、その両側に強化・硬質石膏ボードで挟み込みます。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-03-04 19:00 | project 東田端集合住宅
2008年 02月 26日

東田端集合住宅 耐火被覆工事

2月もあと残り1週間となってしまいました。
土日の強風(春一番との報道)は凄かった・・・。歩くのも困難なほどの強風でした。
だんだん春に近づきつつある気がします。


d0013873_11143945.jpg今日は耐火被覆の工事です。
鉄骨部材は火災での高温は天敵で、規模により1時間、2時間、3時間の耐火要求がされます。代表的なのが、ロックウール(左写真)ですが、その他にケイカル板、耐火塗料などがあります。この現場では、ロックウール吹付、ケイカル板被覆、ALC、押出セメント板が主に耐火被覆材料で使われてます。








d0013873_1119698.jpg写真はバルコニー側の幕板部分の押出中空セメント板です。取付工法としてはALCと同じで、構造躯体(鉄骨梁)に金物で取り付けます。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-02-26 17:09 | project 東田端集合住宅
2008年 02月 15日

東田端集合住宅 外壁・屋根工事

先週、先々週の雪はすごかったですね。特に2/3(日)は、私は私用で箱根(温泉)に行ってまして、朝ホテルから外を見るとびっくりしました。車にチェーンを装着したのは何年ぶりやら・・・。

d0013873_134756.jpg今日も、田端の現場に行ってきました。
外壁のALCも殆ど取付完了でサッシを取付ける状況でした。ALCの場合、サッシの取付には、開口補強をL型アングルで行います。(左写真上部)








d0013873_13473319.jpg左写真下部はそのサッシがいつでも取り付けられるように、現場の片隅で待機している様子です。
敷地が117㎡と狭く、このように各材料、建材等が搬入されても、置き所が限られてしまい、現場は大変な状況です。








d0013873_13502429.jpg屋根は鉄骨母屋に耐火野地板、防水シート、ガルバリウム鋼板といった工程で施工されます。
現在は下地の鉄骨母屋が入っている状況です。









d0013873_1352541.jpgメゾネットタイプが1つだけあるのですが、その階段が設置されました。まだ塗装されていない状況なので、なんか現場の作業用の階段みたいですね。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-02-15 13:40 | project 東田端集合住宅
2008年 02月 05日

東田端集合住宅 外壁・床工事

久しぶりのブログとなってしまいました。(すみません)

2月に入り、外壁工事に入りました。
外壁はALCに道路側はガルバリウム鋼板のスパンドレル、隣地側は装飾塗壁になります。
その下地(ALC)と取付工事が進められれています。



d0013873_13235219.jpg左写真は道路側からの状況です。まだこの面はALCは貼られてません。












d0013873_1326318.jpg床のデッキプレートの状況です(写真はバルコニー部分)。
この後コンクリートが打設されますが、電気の打込配管、避難ハッチの床開口、給排水配管など、様々な状況をチェックしてから、コンクリートを打設します。









d0013873_13312422.jpg東西外壁のALCのジョイント部に、薄いアルミのL型アングルを取付けます。ALCはそのままだと意匠的にあまり優れない為、東西面は縦方向の目地を埋めます。そして、アクセントの為に横リブ(写真のアルミアングル)を入れます。写真ではアルミに白い養生シートが貼られているので分かりませんが、田端駅方面から歩いてくると、太陽光でアルミシルバーが反射し、横ラインが強調されることを意図しています。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-02-05 14:19 | project 東田端集合住宅