ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2009年 05月 09日

Y-HOUSE 着工

d0013873_2058568.jpg



いよいよY-HOUSEが着工しました。
敷地の真ん中の樹齢30年以上の唐松(写真中央)があり、「これは残さないといけないなぁ」という思いから設計計画が始まりました。この唐松を庭の中心にした計画です。
その他にも既存の木は数本ありましたが、泣く泣く?伐採しました。


d0013873_20591848.jpg



今日は、その伐採した木(赤松)の抜根作業をまず行いました。
さすがに数十年という材齢だけあって根っ子がとても頑丈で作業中何度も重機が持ち上がるほどでした。


d0013873_20593731.jpg



根切りの前に、支持地盤となるローム層の確認を行いました。一番深いところで現況地盤から70~80cm程度、一番浅いところでは20~30cmでした。おおよそ設計前の地盤調査通りの結果が出ました。
1階が鉄筋コンクリート造ということで建物の約半分(ローム層まで深い部分)は、表層改良工法で地盤を固めます。この工程は来週行う予定です。

地鎮祭と同じくとても良い天気(この時期では異例の気温30度超え!)でした。
梅雨に入る前はこんな天候が続くといいですねぇ。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-05-09 19:40 | project 川崎市 Y-HOUSE


<< Y-HOUSE 表層改良      Y-HOUSE 地鎮祭 >>