ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2009年 02月 24日

管理建築士講習会

先日、財団法人建築技術普及センターが主催する管理建築士講習に行ってきました。
この講習はいわゆる「耐震偽装問題」からの様々な建築業界の問題に対する法改正、
見直し制度の一環として建築士法が改正され、
「管理建築士」というものの要件が強化された為に行われた講習です。

「管理建築士」とは各建築士事務所に必ず一人は置かなくてはならない存在で、
今までは建築士であればなることが出来たのですが、
改正により建築士として3年以上の設計等の業務に従事した後、
講習を修了した建築士でなければならないとされました。
同様に建築士事務所に在籍する建築士も3年毎に更新という制度に変わりました。

しかし、他の多岐にわたる制度改正によって様々な制度が変わったからといって
すぐに建築業界が社会の信頼を回復できるとは思いません。

社会の信頼を裏切るような建築士による社会の混乱や、
景気悪化による建築・不動産業界の不況や、
建築技術の高度化による作業の複合化、分業化や、建築のエコロジー等、
常に市況に目をむけ、旧態依然としていた業界の体質を改善し、
社会の信頼を早く取り戻さなければならないと感じています。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-02-24 10:07 | architecture column


<< 住宅瑕疵担保履行法      謹賀新年 2009 >>