ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2008年 06月 13日

建築探訪 ~フランス編5~

今回はパリからはちょっと距離がありますが、
世界遺産になっているものもあるロワールの古城をご紹介します。

歴史的な背景は勉強不足の為、うまく説明はできませんが、
ロワール川沿いにそって点在しているこれらの古城には近現代建築では
考えられないような深い造形があちらこちらに見られます。

ちなみに先頃日本のレストランの格付けでも話題になった有名なミシュランは
古城までも観光地のランクとして星をつけているそうです。


d0013873_2174733.jpg
こちらは世界遺産のシュノンソー城です。
何と城の後ろ部分は川の上に建っています。
中世の人々の建築技術の高さには驚かされます。







d0013873_217152.jpg
内部のこの通路はまさに川の上に建っている部分です。
むき出しになった木の梁と格子模様のタイルの床が美しいですね。








d0013873_2164148.jpg
内部の部屋には木の天井等、日本の建築にもあるような部分が
見受けられました。










d0013873_21143375.jpg
こちらも世界遺産のシャンボール城です。
とにかく大きく、その大きさに圧倒されました。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2008-06-13 21:17 | architecture column


<< 大和市集合住宅 竣工      建築探訪 ~フランス編4~ >>