ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2006年 06月 19日

建築士の役割(その3)

昨日はW杯サッカークロアチア戦おしかったですね
何とか頑張って勝ってほしかったんですが・・・
日本代表の皆さん、決勝トーナメント進出は厳しいですが
最後まであきらめずに頑張って下さい!

前置きはこれくらいにして今回は前2回の中で書いてきました事の中で
「建築士は建築主の代理人」いう点について掘り下げていきたいと思います。

普段の生活の中でたいていの方は建物に合わせて生活しています。
しかし自分達の家や建物をつくるということは、
自分達の生活スタイルに合わせた建物を造るということではないでしょうか。
processのページにも書かせていただいている様に建物のプランからはじまり、
構造・仕様・デザイン等々、全てが自分達のオリジナル・スタイルになります。
しかし、建築のことは詳しくわからないので不安だらけになるかも知れません。
そんな時こそ、我々建築士は建築主とタッグを組む最高のパートナーになる存在です。
自分達の代理人としてプロを使うと考えてもいいと思います。
代理人は専門知識をフル活用して建築主に代わって(一緒に)
全ての作業をコントロールし、資金計画を考え、
建築主の生活スタイルに合わせた建物を造るということをかなえるために作業します。
もちろんその為には打合せ等々何度も意見をぶつけ合ってお互いを知っていくことも
重要だと思います。
私達は、そうやって進めてきた建物が完成したときに建築主が満足できるものになるように
これからも日々建築主の代理人として頑張っていきたいと思っています。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2006-06-19 11:56 | architecture column


<< 神奈川県立近代美術館 葉山館      建築士の役割(続き) >>