ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2015年 10月 16日

横浜でのマンションの傾きの問題

一昨日からニュースで大きく取り上げられておりますが、建築業界にまたもや大きな問題が起きました。

横浜市のマンションの杭工事の施工不良による傾きです。
ディベロッパーは業界最大手の一つで、それを施工した施工会社も杭工事を請け負った会社も大手です。

昨日のニュースの時点では数十本の杭のうち数本が支持地盤に届いていないことが分かって、調査を継続しているようです。

担当者レベルの話の様に報道されていましたが本当のところがどうかはわかりません。
しかし担当者一人が報告書を偽装していたとしても、それを見抜けなかったという問題の構造もあります。

建築、とくにマンション等の大きな物件にかかわるすべての業務はどんどんと細分化されてきています。
個人が行える業務の範囲には限りがありますので、建築の性能の向上、大型化、工業化等様々な要因によって業務が細分化されていくのは仕方がないと思います。

しかし、以前建築業界を揺るがした耐震偽装問題のときも感じたのですが、一つの建物を建築するという過程において、
もし、その一連の業務の中に一つの不正が起こなわれてしまった場合にそれをチェック、是正してエンドユーザーに届けるというシステムがこの業界で正しく機能してないと思います。

それはこの業界の構造の問題でもあると思いますが、その点を改善していくためには
業界全体、そして一人ひとりが意識してやっていくしかないのではないかとも思います。
まずは一人ひとりが出来ることをきちんとモラルをもって行うことが大事だと思います。


話は脱線してしまいましたが、住民の方の気持ちを考えますと
傾いているという現実がある以上毎日の不安はあるでしょうし
是正工事によって傾きを直せたとしてもいわくつき物件となってしまって資産価値が落ちるでしょう。
是正工事では納得されない方が多いのではないでしょうか。
そうすると建替えという話になるのでしょうか。

マンションを決める時に値段、立地等々の諸条件の他にブランドというものの影響力は大きいと思います。
だからこそこの問題が建築業界に与える影響ははかり知れないと思います。

今回の件において全国的に調査がされていくのではないかと思いますが
他に同様の物件が無いことを祈っています。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2015-10-16 13:17 | architecture column


<< 本年もありがとうございました。      夏季休業のお知らせ >>