ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2014年 11月 22日

ジャパンホーム&ビルディングショー その2 ハニカムスクリーン

先週のジャパンホーム&ビルディングショー (住まいの建材・設備の展示会)の続きです。

前回の記事で書ききれなかったものを書いてみます。
それはハニカムスクリーンというものです。

住宅やその他の建築においても窓というのは風や光や景色を採り込んでくれるという長所はありますが
最近の高気密高断熱住宅においては窓は断熱において弱点になります。

特に日本のサッシ業界は断熱においては欧米各国に比べて整備が遅れていました。
最近では各メーカーの努力により断熱サッシが主流になりつつあるとは言え、
それでも断熱という点においては弱点なのは変わりません。

そこで以前計画しました住宅でもつかわせていただいたことがあるのですが
ハニカムスクリーンという窓につけるプリーツ状のスクリーンがあります。
これはどんなものかといいますと、閉じたときにプリーツ部分がハニカム状になり
内部に空気層が出来るため断熱効果があるというものです。

以前採用させていただいたときは種類も取扱いメーカーも少なかったのですが
今回の展示会で各社から色々な種類のハニカムスクリーンが出ておりました。

多くのメーカーから販売されることにより遮熱断熱性能、開け閉めの仕方、カラー等選択肢が
かなり増えたと思いますのでこれからも注視していきたいと思っております。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2014-11-22 16:29 | architecture column


<< 改修設計セミナー      ジャパンホーム&ビルディングショー >>