ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2011年 11月 30日

市川市 I-HOUSE 根伐り確認 基礎配筋

先週、市川市 I-HOUSE の根伐り確認に行き、
昨日は基礎配筋の確認に現場に行ってきました。

こちらの現場では市川市という場所柄、原子力発電所の事故の影響での放射性物質が
東京都内と比べると少し多い様で施主家族も小さいお子様がいらっしゃる為
大変気になっている様でした。

しかし国の定める基準には達していない為、行政の方で動いてもらうことは出来ずに
今回は表土の地上10cm部分をすきとることにしました。

結果的には敷地内の放射線量をかなり減らすことに成功しましたが
どうやって放射線量を減らすかということや、
土を購入する場合どこから購入するかということについて検討したり、
地上の土をすきとることによる作業量の増加分の施主の負担する費用など、
この事故は子供、孫の世代まで一般市民を苦しめて行くのではないかと思うと
とても残念であるとともに怒りを感じます。

d0013873_1949397.jpg










表土をすきとった状態です。
横のすきとっていない部分よりも表面が削られているのがわかると思います。

d0013873_1953104.jpg










根伐りをした後、砕石を敷いた状態です。
この後、砕石を締固めていきます。
建物の重さをきちんと地盤面に伝える為、締固められていることは大変大事な事です。

d0013873_2002946.jpg










まだ配筋は途中ですが、きちんと配筋できている様です。
細かな部分は配筋完了後もう一度検査していきます。

ここまで来て建物の全体的な大きさがちょっとずつ見えてきた感じですね。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2011-11-30 20:03 | project 市川市 I-HOUSE 


<< 市川市 I-HOUSE 基礎配筋検査      M clinic&house ... >>