ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2009年 10月 07日

Y-HOUSE 木工事(建て方後1)

明日は台風が本州を直撃する模様ですね。
なんだか相当な勢力みたいで・・・。

先週からの雨続きでだいぶ工程のほうもずれ込んできてしまいました。
台風が去ってからの巻き返しを期待しています。

d0013873_15271171.jpg建て方後の精度の確認、ゆがみの調整後は仕口・継手の緊結を行います。写真は柱と貫(ここの貫は屋根面の構造用合板の受け材の役目です)を結合する羽子板ボルトです。このように主要な構造材の接合部をいろいろな金物を使い結合していきます。

d0013873_15273189.jpgこれは階段を上がったところのオープンスペースの天井面です。通常は構造材の施工が終わってから仕上工事をしますが、ここは見えてる垂木とその間の羽目板が表し仕上げなので先に仕上材を取り付けました。この部分はクリア塗装をすれば仕上がりです。

d0013873_15275650.jpg西側の2階壁面です。2階の木造部分は1方向ラーメン構造なので東西面は写真のように構造用合板でしっかり耐力壁を設け、南北面(写真の左右)は全て開口部とします。

d0013873_15281136.jpg南側を見た写真です。柱が4本ありますが全て開口部(アルミサッシ窓やガラス)になります。

d0013873_15282755.jpg1階の水廻り部分では給水・給湯・排水の配管工事が行われています。プラン的に水廻りは1階部分に集中しているので施工は非常にコンパクトでやりやすいです。

[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-10-07 15:53 | project 川崎市 Y-HOUSE


<< Y-HOUSE 内装工事1      Y-HOUSE 木工事(~建て方) >>