ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2009年 09月 25日

Y-HOUSE 木工事(~建て方)

前回のアスファルト防水も無事終わり、連休(シルバーウィーク)前からサッシの枠入れが行われました。Y-HOUSEでの外部の建具はスチールサッシとアルミサッシです。リビング廻りなどの大きな開口部にはスチールの製作サッシが入ります。同時にコンクリートを支えて来たパイプサポートをようやく取り外しました。これでとてもスッキリした感じです。



d0013873_14433948.jpg南側の庭からリビング方向を見た写真です。建物の配置は既存の唐松(写真の木)をL型に囲む計画です。










d0013873_14441149.jpg上の写真とは反対にリビングから庭を見た写真です。白いスチールサッシ(ガラスはまだですが・・)が入りなんとなく雰囲気が出てきました。











d0013873_14571786.jpgd0013873_14574095.jpg







連休中に大工さんにより構造材(木造部分)の加工が行われました。(連休中ごくろうさまです)
右の写真は柱と梁の集成材の接合部に接着剤を注入している様子です。Y-HOUSEの2階は木造1方向ラーメン構造で、接合部は半剛接です。通常集成材のラーメン構造の接合部は金物やドリフトピンなどがたくさんある場合が多いですが、今回はこの集成材が仕上となる為、構造設計(MID加藤氏)の提案で金物を見せない工法を採用しました。接合部の内部で金物と特殊接着剤を併用させる工法です。



d0013873_14581990.jpgd0013873_1458315.jpg







d0013873_1458392.jpg9/24(木)朝からクレーン車で建て方作業を行いました。左の写真が柱脚部分で、ココも上記の工法です。この集成材の柱の中に下の金物が差し込まれ、その後、特殊接着剤で半剛接を形成します。





d0013873_15192418.jpg











d0013873_15194024.jpg
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-09-25 15:23 | project 川崎市 Y-HOUSE


<< Y-HOUSE 木工事(建て方後1)      Y-HOUSE 型枠ばらし2、... >>