ie-architect atelier web log

iearch.exblog.jp
ブログトップ
2009年 08月 05日

Y-HOUSE 1階壁型枠2 ・ 2階床型枠

現場は1階の壁、2階の床の型枠は殆ど終了していて、型枠工事で残りは2階の梁(主に逆梁)と庭側の庇になります。全体の工程的には・・・少し遅れています・・・。


d0013873_17115641.jpg

内部の様子。
コンクリートの壁は、鉄筋を組む以外に型枠工事が非常に重要な工事となります。鉄筋工事は構造上重要で、型枠工事は精度・技量が構造だけでなく意匠(出来栄え)上重要となります。
写真のように型枠支保工(鋼管や木材)で枠を支え、コンクリートの打設の際その圧力に耐えられるようにしなければなりません。


d0013873_17121284.jpg

2階の床スラブの様子。
まだ2階床の鉄筋は組まれていない状態です。鉄筋で出っ張った部分は壁梁でY-HOUSEでは殆どが逆梁としている為、床から上方向に梁で出ます。とはいっても梁の幅は壁の厚さと同じ(一部を除く)ため、何も影響はないのです。ちなみに写真の右上の場所は逆梁ではなく通常の梁です。


d0013873_17123215.jpg

庭のから見た外観です。
型枠の無い部分は開口部(窓)となる場所です。
projectsのページの外観パースと同じようなアングルです。
この外観パースと実際は多少変更していますが・・・。
[PR]

by ie-sekkeikoubou | 2009-08-05 17:40 | project 川崎市 Y-HOUSE


<< Y-HOUSE 2階床配筋      Y-HOUSE 壁配筋 & 壁型枠1 >>